Eclipseの歌詞 エクリプス 和楽器バンド

『和楽器バンド - Eclipse』収録の『TOKYO SINGING』ジャケット
  • 作詞:
    町屋
  • 作曲:
    町屋

ステータス:

公式 フル

和楽器バンド「Eclipse」歌詞

刻は満ち重なって
燃ゆる烏木の炎
雷鳴と荒波の只中で


創造は水泡に帰した
過ちを重ね、悔いた人類が
見渡す景色こそディストピア
ゴフェルで組み上げよう


透明に透けてゆく躰
幻に魅せられる様な知覚だ
天使に触れられたユートピア
ゴフェルで組み上げよう


ここから聞こえるのはScreaming
嗚呼、主の導き
向かうEden


陽は陰った


刻は満ち重なって
燃ゆる烏木の炎
過ちを洗い流す様な
爪痕はLike a beautiful.
この胸に刻まれた
悲しみの記憶を
焼き付けて歩き出す新世界


見上げた月の満ち欠け
幾許の時間
巡る季節も通り過ぎてくから
生命は地上から絶え
あの日見た光の粒
星が彩る夜空瞬く
彗星はその身を
燃やしながら光るから
もう一度


世界に木霊すのはScreaming
嗚呼、主の導き
向かうEden


陽は陰った


刻は満ち重なって
燃ゆる烏木の炎
過ちを洗い流す様な
爪痕はLike a beautiful.
この胸に刻まれた
悲しみの記憶を
焼き付けて歩き出すこの道を


『和楽器バンド - Eclipse 歌詞』収録の『TOKYO SINGING』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.10.14
  • 曲名:
    Eclipse
  • 読み:
    エクリプス
  • 歌手:
    和楽器バンド
  • 作詞:
    町屋
  • 作曲:
    町屋
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE