『vistlip - ミミックの残骸 歌詞』収録の『No.9』ジャケット 公式 フル

ミミックの残骸 歌詞

歌手
vistlip

鬱陶しくて苛々するぐらい僕らは似てきてしまったんだな。
お互いを埋め合うために存在した大事な違いを何処に忘れて来た。


引きずり下ろしたい強い想いがある。
歴然たる差で王座を譲らない。
僕はそいつが誇りに思えた。
世界が真逆に回るまでは。


やがては何かが追い越して二番になってくれと願うけれど、
“不動”ってのは不動なんだ。
出来レも同然。


鬱陶しくて苛々するぐらい僕らは似てきてしまったんだな。
乱されて記憶に残す事も無くインパクトの無い日々を過ごしていた。


ごらんよ。
今した僅かな動作にも君がしっかり取り憑いてる。
まるでもう居ない君が恋しくて自ら振る舞う痛いヤツだ。


違和感すらなく入り込んで脳味噌をかじられていたんだろう。
もう自分の“元通り”も思い出せそうにない。


鬱陶しくて苛々するぐらい僕らは似てきてしまったんだな。
どちらかがドン底まで落ちた時には
寄り添うだけじゃなく引いてあげたいのに。


絶妙にフェイクとまでは行かない二人の言葉が聴こえて来る。
ありふれたコード進行に合うメロディ
ごちゃごちゃ引用して乗せたみたいに。


鬱陶しくて苛々するぐらい僕らは似てきてしまったんだな。
飲み込んで体内に隠したままの本音ごと僕は僕を叩き壊す。


「そばに居てくれ」って。


『vistlip - ミミックの残骸 歌詞』収録の『No.9』ジャケット
シェアリンク
歌手: vistlip
発売日: 2020.03.18
作詞:
作曲: 瑠伊
ステータス: 公式 フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE