リトルサマー スタンダローン

Little Summer - Standalone 歌詞ビッケブランカ

『ビッケブランカ - Little Summer - Standalone』収録の『FATE』ジャケット
  • 発売:
    2021.09.01
  • 作詞:
    Junya Yamaike・Dai Matsumoto
  • 作曲:
    Junya Yamaike
シェア:

ビッケブランカ「Little Summer - Standalone」歌詞

押されるままここへ
たどり着いていた
飾った海の絵と
寄せていく波音


会いたいのは誰のため
片道のビザを持って
砂の白さ思い出せよ


こうして僕ら
顔をあげて歩いていく
いつもより少しだけ
小さな夏の日へ


アスファルトの上で
跳ねた子供の歌
いま目の前で揺らぐ
陽炎の中に見る


あぁ一体何が悲しくて
思い出をめくっていく
かけたままの
あの無垢な気持ちを
引摺ってまで


どうして僕ら
物語の先を急ぐ
何もかも脱ぎ捨てて
小さな夏の日へ


肌を伝う汗が
うだるほど未来が
今でも青く晴れ渡っている


こうして僕ら
顔あげて歩いていく
いつもより少しだけ
小さな夏の日へ


  • 発売日:
    2021.09.01
  • 曲名:
    Little Summer - Standalone
  • 読み:
    リトルサマー スタンダローン
  • 歌手:
    ビッケブランカ
  • 作詞:
    Junya Yamaike・Dai Matsumoto
  • 作曲:
    Junya Yamaike
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ