一人じゃないから 歌詞 UVERworld


UVERworld - Hitori Janai kara Lyrics
一人じゃないから 歌詞
歌手:UVERworld

Please. don’t forget it 僕が 今も 信じてた物が 大間違いだらけで良い 自分らしくあるために 望んじゃいない現実を 変えてく強さを 自分が自分であるために

A little while 話す my story まばら 町の光 時の流れはスロー Always 帰り道に立ち寄った公園には無数の星 賑わった場所も 静けさに浮かぶ夜 波を立てずに吹く湿った風 そこが俺たちの育った町 A place to come back. only 1

そして偶然の一致 必然の出会い 一本の道で繋がった俺らの home 物心がついた時には隣にいた 道はずした時も 気付けた時も 分かり合えた仲間 そんなやつが今も 俺の隣でリズム刻んでんだ 作らされるなんて まっぴらごめんだ こいつらと信じ合えるものをアウトプット

僕が 今も 信じてた物が Oh. 間違いだらけで良い 自分らしくあるために 望んじゃいない現実を 変えてく強さを 自分が自分であるために

膨大なネオン街が放つ光 見上げて見える物は薄暗い雲 立ち止まり 時間に追い越される すれ違いの 引き寄せられる町 泣き止まない空に重なる背中 凍えきった体 麻痺ってく 人ごみの中で孤独が増す 東京が染めてく俺たちの心

僕が 今も 信じてた物が 大間違いだらけで良い 自分らしくあるために 望んじゃいない現実を 変えてく強さを 自分が自分であるために 考えすぎる性格も 馴れ合いができなくても すべて間違いでも良い 自分らしくあるために 今日は明日のために 変えられる強さを 自分が自分であるために

発売日:2006.05.17
作詞:TAKUYA∞
作曲:TAKUYA∞
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE