Forget 歌詞 UVERworld


UVERworld - Forget Lyrics
Forget 歌詞
歌手:UVERworld

いつか受け入れられるようにと 僕たちに備えられた 忘れるという機能 立てないくらい辛い出来事は 引き出しにはしまえずに 忘れなきゃ生きてもいけない 悲しい 万物霊長

昨日食べたものなんて 何一つ覚えてない そもそも食べたかさえ もう記憶に無いし 適当ってのも悪くはないぜ

だってそうだろ? 細胞の構造に任せ 単純に心にないわけじゃないんだよ

いつか受け入れられるようにと 僕たちに備えられた 忘れるという機能 時々 忘れちゃいけないことまで忘れるのに どうしてそんなに 寂しそうな顔して あいつが忘れられないと 嘆く君の横顔は いつもより綺麗だよ むしろ忘れたくはないと思って生きる毎日を見てると 誰も皆 悲しみと付き合って生きていくんだろう

あの子と付き合っていた頃の思い出も 何一つ覚えてない そもそもどこに惚れてたかも もう記憶にないし 心ないわけじゃないけど 便利な機能に寄りかかってる

いつか受け入れられるようにと 僕たちに備えられた 忘れるという機能 時々 忘れちゃいけないことまで忘れるのに どうしてそんなに 難しい顔をして 何も変えられないと気づいて諦めた悔しさが 今も奥歯に挟まる 一人で当たり散らして 気が済むまで泣き明かして そうやって 悔しさと上手く付き合って でっかくなれよ

生まれながら与えられたこの機能も時として残酷に思える 忘れるくらいなら 辛いままでいいと思えることも 悲しい思い出は 悲しいままでいいのに

「あなたは長生きしてね」 最後に残していった あの人の優しい寝顔も 立ち上がれないくらい 悲しい出来事だったのに 楽になっていく自分大嫌いだ

忘れていかないと 生きていくことも出来ない 悲しい生き物 思い出じゃ生きていけないし 僕らにも限りはあるし それでいいんだよ これでいいんだよな 刹那に生きる万物霊長

発売日:2009.02.18
作詞:TAKUYA∞
作曲:UVERworld
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE