EMPTY96 歌詞 UVERworld


UVERworld - EMPTY96 Lyrics
EMPTY96 歌詞
歌手:UVERworld

行き着く将来も今ある歴史も 落書き半分で書き換えられてく 僕は目隠しされたまま 灯りついた街彷徨ってる

偽りの真実解読怖くてフェイクしか映さないなら この瞳をいっそ二度と開かないように

嘘の数だけ見失ってく EMPTY96… 今求めれば求めるほどに遠ざかるEMPTY96… Vain regrets (どうしようもない後悔)

救助Peopleベタにhollow ? 蓋して見ないフリOUT truth69 96empty I got tired of hearing it Depressing Depressing 心汚れてくだけならいっそ鼓動断ち切りたい

この世界に平等なんて何処にも無かったEMPTY96… そんなの信じたくはないよ…そうなの?EMPTY96…

すばらしいだけの毎日なら、いつかその すばらしさも忘れるだろう 「生まれて不幸だ」って泣いた昨日は 先の喜びのためにあるんだな

生きていく理由なんて何処にも無かったEMPTY96… 傷口から命の体温が流れるからEMPTY96…

No…in the vain hope of success (当てもなく成功を夢見て) Deep sorrow No… 全てのすばらしい事だって初めは一人からだった 月に見た満ち欠けだって 96coming up

発売日:2007.02.21
作詞:TAKUYA∞
作曲:TAKUYA∞
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE