Making Love 歌詞 宇多田ヒカル


Utada Hikaru - Making Love Lyrics
Making Love 歌詞
歌手:宇多田ヒカル

とうとう知り合って十年 どこから始めよう 突然あなたのお引っ越しが決まった

遠距離なんてこわくもなんともない 感じてるよ存在を日々胸に もう二度と会えなくなるわけでは 断じてないのに 考えちゃうよ

あなたに会えてよかった 遠い町でもがんばってね 新しいお部屋で君はもう making love もしもお金に困ったらできる範囲内で手を貸すよ。 私たちの仲は 変わらない

友達にさえお世辞を言う世代 包み隠さずに見せるよ君だけに 楽しくないのにフリはしたくない だってそんなの 疲れちゃうよ

あなたに会えてよかった この町でがんばるね 長い長い夢の途中 singing loud 無情に過ぎゆく時間なら 親友は必要ね 少し疲れて私たち growing up

ヒアタリヨシモヨリエキチカク トナリノジュウニンモイイヒトネ ヤサシイカレトノケイザイガク ミカケニヨラズシッカリモノデ ワタシトセイハンタイノアナタ アラタメテイウノワテレマスネ ワタシガハジメテホレタオンナ イマカライウコトヲキイテ

根暗なマイ・ハートに一つ花が咲いた

誰よりも幸せであってほしい 悲しみは似合わないよ君の目に 感じてないのにフリはしたくない 夜になってもまだまだ明るい

あなたに降りそそぐ光 遠い町でも平気だね 新しいお部屋で君はもう making love

あなたに会えてなかったら 親友はいらないネ 探し続けた答えもう見つけてた

私を慈しむように 遠い過去の夏の日の ピアノがまだ鳴ってるのに もう起きなきゃ

発売日:2006.06.14
作詞:Utada Hikaru
作曲:Utada Hikaru
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE