『嘘とカメレオン - ミイラ・コード』収録の『ポストヒューマンNo.5』ジャケット

ミイラ・コード 歌詞 嘘とカメレオン


Miira Code Lyrics
ミイラ・コード 歌詞
歌手:嘘とカメレオン

地平線の向こうから蘇る からくり仕掛けの少女は踊る つまらない顔して書いたシナリオの続きは誰かが破いて

全てを目にして途端に落ちてゆくだろう “覗いた深淵もこちらを見る”

天鵞絨の幕 言葉の骸たち 三日月の弓で宵闇を射れ 観客のいない舞踏会 目が溶けて 朽ちるまで踊れ マリオネット!

いつだって 全てを望んで途端に消えてなくなろう 深淵覗くより他ない しがない僕らは 遺伝子 公害 山積み意味無いセキュリティ 全てを手にしても

流星のワルツ まるで人生のように 踊れ!踊れ 足が千切れても スポットライトを浴びて

深淵以外のもので溢れた惑星 全てを手にしても壊れないと

灰になっても

発売日:2019.05.29
作詞:チャム(.△)
作曲:渡辺壮亮
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense