あいしてた

愛してた 歌詞浦田直也

『浦田直也 - 愛してた』収録の『UNTITLED』ジャケット
  • 発売:
    2021.11.10
  • 作詞:
    urata naoya
  • 作曲:
    MARIA
シェア:

ステータス:

公式 フル

浦田直也「愛してた」歌詞

愛してた君に逢いたくて逢えなくて…
後悔だけが僕の心揺らして


静寂の夜、君の横顔が見えなくてさ
隣にいるはずの心がいないよ
どうして?


声を詰まらせてた
君が涙声に変わった時
僕は「サヨナラ」と目を閉じた
傷つけたくはないから


愛してた君に逢いたくて逢えなくて
時間を巻き戻せるならば
あの頃の君を抱きしめて
愛してると言えたなら
後悔だけが僕の心揺らして


雨が降る夜、君のぬくもりを探してた
いつもの右側の愛した破片を集めて


声に出せなかった
僕の胸の奥の想い伝えてれば
「サヨナラ」を言わずに
今も隣にいれたかな


愛してた君に逢いたくて逢えなくて
あの日に巻き戻せるならば
今ならば素直に包んで
愛してると言えるのに
後悔だけが僕の胸を締めつけ


時が経ち君はもう誰かに愛されて
隣で微笑んでいるかな
後悔も寂しさも僕の胸にまだ残るけれど
そっと幸せ、願う
愛してた人


  • 発売日:
    2021.11.10
  • 曲名:
    愛してた
  • 読み:
    あいしてた
  • 歌手:
    浦田直也 (うらたなおや)
  • 作詞:
    urata naoya
  • 作曲:
    MARIA
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ