上野大樹 航る 歌詞

『上野大樹 - 航る』収録の『帆がた』ジャケット
  • 発売:
    2021.12.15
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
シェア:

上野大樹「航る」歌詞

宇宙船が止まった
僕の前にそっと
乗り込んだらこの世界に
辿り着いていたんだあの日


時間はかかって
細い目を擦って
遠回りの果ての
最後の扉を今目の前に


見えかけの答えに
僕らはなぜか怖くなってしまい
見えないようにしていたんだ、
まだ探してたいから


夏の終わり思い出した
あの街の景色匂いを
時代なんて変わってしまっても
本当は何も変わらない
賢いふりしたって
格好つけて生きていたって
何も楽しくなんかないよ
もう一度思い出して


重たい荷物は愛すべき重荷だ
誰にとってか見えなくっても
誇れること選んできたんだ


憧れの未来は
いつまで経っても憧れだけど
それでいいんだ、僕はきっと、
まだ前に進めるから


ありもしないことにすがって
願ってるばかりじゃなくて
一歩ずつちゃんと歩いて
明日を迎えにいこう
ここからっていつも思えた
そんな時間を過ごして来れた
これからも抱えていくんだ
誰かの優しい声を


何処かで逸れた途方もない時間の先
不安や迷いを選んで進んでいこう


夏の終わり思い出した
あの街の景色匂いを
時代なんて変わってしまっても
本当は何も変わらない


『上野大樹 - 航る 歌詞』収録の『帆がた』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.12.15
  • 曲名:
    航る
  • 読み:
    わたる
  • 歌手:
    上野大樹 (うえのだいき)
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ