上野大樹 朝が来る 歌詞

『上野大樹 - 朝が来る』収録の『帆がた』ジャケット
  • 発売:
    2021.12.15
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
シェア:

上野大樹「朝が来る」歌詞

くだらない話題でふたり朝まで
いつまでこんなことできるだろう
明け方窓から入り込む朝風
今までで一番綺麗だったな


悲しい温度に
飲み込まれてしまわないように
少しだけ嘘をついた
本当かどうかは
ここには要らないから
魔法をかけて少しだけ


マーブル模様の心を彩る
あなたのことを
そんなに深くは知らないけれども
そのほうがいい


意味もなく貴方の名前を書いてみる
何故だか愛おしくなってくる


星さえ見えない街だけれど
夜空が好きになる
これだけは嘘じゃない
本当かどうかは
これからも要らないから
魔法よどうか解けないで


心の温度は誰にもバレずに
少しずつ上がる
全てが嘘でも本当がなくても
知らないでいい
何度も重ねたふたりだけの会話
すこしずつ解け
理由もないままなくなるみたいに
入り込む光


何処まで行っても自分が好きだと
言えるようにいよう
変わりゆく景色の中でまた朝がくる
知らないことや知りすぎたことが
いつの日にか苦しくなっても
変わりゆく景色の中でまた朝が来る


『上野大樹 - 朝が来る 歌詞』収録の『帆がた』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.12.15
  • 曲名:
    朝が来る
  • 読み:
    あさがくる
  • 歌手:
    上野大樹 (うえのだいき)
  • 作詞:
    上野大樹
  • 作曲:
    上野大樹
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ