もののけ 歌詞TOOBOE

『TOOBOE - もののけ 』収録の『もののけ / 視界』ジャケット
  • 発売:
    2021.06.07
  • 作詞:
    TOOBOE
  • 作曲:
    TOOBOE
シェア:

ステータス:

公式 フル

TOOBOE「もののけ 」歌詞

そこら中に舞い落ちた枯葉が用もなく踊る様に
しらばっくれてばかりの私を今日も笑ってるんだ
頭空っぽのままなら死ぬにはちょうどいいな
取り返しのつかない程 魅惑のマスカレイド


異端児と呼ばれるほど突出したものなんてないし
文学的素養も何もかも持ち合わせちゃいない
それなのにこの世は少しばかりか生き辛くもあって
無情に泣き叫ぶ事も許されはしなくて


頼りない私 透明な取り留めのないモノノ怪みたいだ
陽が昇ったらきっと消えてしまうのさ


傷ついてくたばってしまうのならば
苦しみばかり飲み込んでごちそうさましたい
そのまま暗闇へ一直線に行こう
我儘を押し通して


格好つけて滑稽な役どころ演じるのは得意で
それによって何も得られない事も承知の上で
卑しい心に辟易して自分も嫌になって
神様仏様 さえも嫌になってしまった


優れてる貴方を横目に私はひっそりと泣いたんだ
違う場所で出会えば友達になれたかな


着飾った新しい虚勢でさ
少しばかりの喜び奢ってあげよう
そして光る一等星になろう
悲しいから連れ出して


傷ついてくたばってしまうのならば
苦しみばかり飲み込んでごちそうさましたい
そのまま暗闇へ一直線に行こう
我儘を押し通して
新しい虚勢でさ
少しばかりの喜び奢ってあげよう
そして光る一等星になろう
悲しいから連れ出して


『TOOBOE - もののけ  歌詞』収録の『もののけ / 視界』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.07
  • 曲名:
    もののけ
  • 歌手:
    TOOBOE (とおぼえ)
  • 作詞:
    TOOBOE
  • 作曲:
    TOOBOE
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

TOOBOE 『もののけ 』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ