よみ:
じょうざい

錠剤 歌詞TOOBOE

アニメ「チェンソーマン」第4話 ED

『TOOBOE - 錠剤』収録の『錠剤』ジャケット
発売:
2022.11.09
作詞:
TOOBOE
作曲:
TOOBOE
編曲:
TOOBOE

TOOBOE「錠剤」歌詞

丸い月 捜査線 電線の絡まる摩天楼
ブロンドの髪 靡かせ 見下されて食べられて
所詮 雨が降っても消えない汚れを貴方は隠してる


良識ぶち壊した ヴィーナス ニヤニヤ笑ってる
善悪すら通じない まん丸の大きな瞳で
多弁 振る舞った狂気の悪魔が踊る
きっと飽きるまで踊るだろう


赤く溶け込んだ錠剤
血液の様な酸っぱい匂いがまた充満していたな


愛に縋って堕ちていく
ただ それでも心は浮ついてる
衝動的で少し熱った貴方が綺麗で


なぁ 暮れなずんでいく刹那の青春が
嗚呼 この瞬間に始まった気がした


退屈凌ぎばっか 人生は死ぬまで終わんない
あの日 聞いた悲鳴は鼓膜の中 鳴り止まない
頭が焼ける様に熱くなって
大切な物が全部失くなったわ


真夜中に鳴いた銃声
それが胸を貫いた瞬間 生きてると実感したんだわ


心臓ばっか揺れている
また懲りもせず愛を探している
驚天動地 未曾有の悪魔と出会える日まで


なぁ 忘れないでくれ僕の存在を
嗚呼 明日になったら映画でもどうかな


もう一度考えておくれ
強くなりたいと思え
支配を取っ払って自由になろうぜ


もう一度考えておくれ
強くなりたいと思え
支配を取っ払って自由になろうぜ


愛に縋って堕ちていく
ただ それでも心は浮ついてる
衝動的で少し熱った貴方が綺麗で


なぁ 暮れなずんでいく刹那の青春が
嗚呼 この瞬間に始まった気がした


気づけば貴方の幸せを願う様になっていた
嗚呼 こんな私の側にいてくれ


TOOBOE『錠剤』の 詳細

『TOOBOE - 錠剤 歌詞』収録の『錠剤』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.11.09
購入:
曲名:
錠剤
よみ:
じょうざい
歌手:
TOOBOE (とおぼえ)
関連作:
チェンソーマン
作詞:
TOOBOE
作曲:
TOOBOE
編曲:
TOOBOE
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

TOOBOE『錠剤』の Official Music Video

TOOBOE『錠剤』の Ending Video

「TOOBOE」コメント

チェンソーマンが少年ジャンプに降臨された4ヶ月後にjohnという人格は生まれました。
自分の作品には藤本タツキ先生の影響も沢山あります。デンジくんのルーザー感は胸に刺さるし、「さよなら絵梨」の爆発シーンは目を輝かせて喜びました。そんな自分がまさか凡そ3年後にこうしてエンディング曲として作品に携われるとは思ってもみませんでした。とても光栄です。読み耽って精神が拗れに拗れた私みたいな人間全員とチェンソーマンのアニメを楽しみたいと思います。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

TOOBOE 錠剤 歌詞 (チェンソーマン 第4話 ED)