スクラッチ

Scratch (with 稲葉浩志) 歌詞TK from 凛として時雨ゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」ソング

『TK from 凛として時雨 - Scratch (with 稲葉浩志)』収録の『Scratch (with 稲葉浩志)』ジャケット
  • 発売:
    2022.02.17
  • 作詞:
    TK
  • 作曲:
    TK
シェア:

ステータス:

公式 フル

TK from 凛として時雨「Scratch (with 稲葉浩志)」歌詞

いつかこの指も いつかこの声も
時に溶けていって深く沈んでいくよ


君の手の中に 君の瞳の中に
映る輝きは 淡い泡の様だ


僕らは孤独だ 繋いだ指先
触れても 触れても
ひとつになれずに 透き通って


堕ちていくのさ「永遠」の罠に
僕らは波に飲み込まれて
紡いだ時間もあの日見た景色も
見えないものにさらわれて
手を伸ばしても


いつかこの指も いつかこの声も
時に溶けていって深く沈んでいくよ


溢れる涙に零れた約束
どれだけ強く繋いでも
次第にぼやけるピントの向こうで
笑ってる君が消えた


堕ちていくのさ「永遠」の罠に
僕らは何に飲み込まれているの?
紡いだ時間もあの日見た景色も
見えないものにさらわれて
手を伸ばしても


淡く淡く儚い
彩りが舞い散っていく様に
溶けて溶け合っても
僕をすり抜けてしまうんだ
この指とこの声が刺した君の傷跡が
互い失っても 輝いてる For you


散りゆく僕らの
遺したイメージは永遠の傷だ
沈んだ先にある
遠い 遠い場所で消えて生ける


いつかこの指も いつかこの声も
時に溶けていって深く沈んでいくよ


  • 発売日:
    2022.02.17
  • 曲名:
    Scratch (with 稲葉浩志)
  • 読み:
    スクラッチ
  • 歌手:
    TK from 凛として時雨
  • 関連作:
    マジック:ザ・ギャザリング
  • 作詞:
    TK
  • 作曲:
    TK
  • 関連歌手:
    稲葉浩志
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

TK from 凛として時雨 『Scratch (with 稲葉浩志)』の MV / PV

「Scratch (with 稲葉浩志)」のリリース情報

TK from 凛として時雨が稲葉浩志(B’z)を迎えたダブルA面シングル「As long as I love / Scratch (with 稲葉浩志)」を3月16日にリリースする。


このシングルの制作は、学生時代からB’zを強くリスペクトしてきたTKが、自身のソロプロジェクト始動10周年を締めくくるコラボ企画として、稲葉にデモ音源を送ったことで実現した。「As long as I love」は、TKが作曲したロックナンバーに稲葉とTKが共作した歌詞が乗せられた1曲。激しいギターと稲葉のパワフルなボーカルが混ざり合う、昂揚感あふれる楽曲に仕上がっている。


「Scratch」は、切なく厳かなピアノとストリングス、そして2人の力強い歌声が印象的なバラード。2月18日に発売される戦略トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の最新シリーズ「神河:輝ける世界」のCMソングに決定しており、「マジック:ザ・ギャザリング」公式YouTubeチャンネルでは2月16日12:00に楽曲の一部を試聴できる動画が公開される。また同曲は2月16日にJ-WAVE「GROOVE LINE」でラジオ初オンエアされることが決定。2月17日には各音楽配信サイトで先行配信される。


「TK from 凛として時雨」コメント

自分の部屋に篭りながら、無我夢中で弾いていたB’z。誰もが魅了されるそのサウンドに僕も例に漏れず衝撃を受けました。夢の様なコラボレーションの中で、稲葉さんは僕のどんな些細な要望にも目を向け、耳を傾けてくれました。それはあまりにもリアルで、制作に携わって頂いた時間のすべての瞬間が僕の新たな音楽のDNAとして刻まれていきました。すぐそばで聴いた歌声は、あの頃よりも更に輝きを増していて、より届かない場所から大切な何かを降り注いでくれてるかの様でした。音楽への扉を開けてくれた存在が、今も圧倒的な存在として心を震わせ続けてくれる悦びに満たされたコラボレーションでした。この曲が多くの人の傷跡として宿り続けます様に。


「稲葉浩志」コメント

お話をいただいた時はTKと一緒にどんなものを作れるか自分でも予想がつかず、とにかくお互いに納得できる面白いものができたなら発表しましょうという前提でスタートしたプロジェクトでした。そして最初に彼から送られてきたデモを聴いた瞬間に迷いのようなものは消え去り、あとはTKの創作欲の勢いに身を任せて完成まで突っ走った、という感じです。
TKは非常に耳が良く、頭も柔らかく、アイデアも豊富で、何より楽しい会話のできるミュージシャンです。素晴らしい音楽体験ができたこと、感謝しております。
そして出来上がった作品は、もちろん最高です。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ