ドア 歌詞the peggies

『the peggies - ドア』収録の『The GARDEN』ジャケット
発売:
2021.10.20
作詞:
北澤ゆうほ
作曲:
北澤ゆうほ

the peggies「ドア」歌詞

僕よりも僕のこと分かったような顔をして
離れていった全てが瞳の奥影を落としてく
震える手でせっせと作り上げた砂の城
かっこいいねと言ってくれた君は見透かしてたんだろう


僕の心の中にあるコップに
擦り切れいっぱいの劣等感
抱えきれなくなった時
君の優しさが痛くなったんだ
君は僕を傷付けた
いや違う 分かってる 分かってる


ドアを閉めた さよならだよ
変わってしまったのは僕さ
ドアの向こう泣き声が聞こえても
「君が悪いんだ」
嫌いになるしかなかった
君を最低な奴だと思わなくちゃ
僕が消えちゃいそうでさ
ほらこんな生き方しか出来ないんだ


大事に育てた痛みもよくある患いだと
知ってしまって絶望したんだよ
僕がどこにも居ない


君の抱える暗闇でさえも
僕にとっては眩しかった
しゃがみ込んだその姿に何も
言えずただ立ち竦んでいた
僕が君を傷付けた
いや違う 分かってよ 分かってよ 分かってよ


真っ直ぐなその瞳が
僕をまた惨めにさせる
それでも良い、それでも良いと
思えたはずなのにどうして?
鍵をかけられずにずっと
雨の弱くなる日を待っている
明日こそ上手に言えるかな


ドアを閉めた さよならだよ
変わってしまったのは僕さ
ドアの向こう 君の名前
本当はずっと呼びたかった
なんでなんだよ僕は
君を最低な奴だと言い聞かせて
全部嫌いだと泣いている
大好きなのにどうして出来ないんだ
ほらこんな生き方しか出来ないんだ


the peggies『ドア』の 詳細

『the peggies - ドア 歌詞』収録の『The GARDEN』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.10.20
購入:
曲名:
ドア
歌手:
the peggies
作詞:
北澤ゆうほ
作曲:
北澤ゆうほ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

the peggies『ドア』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

the peggies ドア 歌詞