しろむく

白無垢 歌詞キタニタツヤ

『キタニタツヤ - 白無垢』収録の『白無垢』ジャケット
  • 作詞:
    キタニタツヤ
  • 作曲:
    キタニタツヤ
シェア:

ステータス:

公式 フル

キタニタツヤ「白無垢」歌詞

悲しくもなく
ただ情けなくて俯いて
轍と足跡で泥まみれの
一昨日の雪に苛ついた
手を繋ぎ歩くような
綺麗なもんじゃないけれど
走馬燈のような思い出
少しだけ滲んだ


別に何も変わることはない
詮無い生活 が続くだけだぜ
なんて狐と葡萄みたいなこと
吐き捨てるほど
虚しくなんだな


いつかの君が纏った白無垢の雪は
暖かで柔い真綿のようでした
いま僕の上に降って脆く崩れてくそれは
重く冷たい涙のようなみぞれでした


アスファルトの泥を撥ねて
忙しく駆けずる人の群れの中
失うはずのないものを失い
その残滓に縋りついていた


君にそれを告げられた朝
僕の表情は間抜けていただろう
想像しただけで笑えてくるのに
君は少しも笑わなかったな


優しい記憶だけ抱いて眠りたいのに
アルコホルじゃこの目は冴えてしまうのだ
街を這いずり回ってただくだ巻いても虚しい
君に触れたい


いつかの君が纏った白無垢の雪は
暖かで柔い真綿のようでした
いま僕の上に降って痛みをぼかしてくれたのは
重く冷たい涙のようなみぞれでした


せわしい街の只中なるしめやかさよ


『キタニタツヤ - 白無垢 歌詞』収録の『白無垢』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.12.23
  • 曲名:
    白無垢
  • 読み:
    しろむく
  • 歌手:
    キタニタツヤ
  • 作詞:
    キタニタツヤ
  • 作曲:
    キタニタツヤ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

キタニタツヤ 『白無垢』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE