キタニタツヤ ちはる feat. n-buna from ヨルシカ 歌詞

『キタニタツヤ - ちはる feat. n-buna from ヨルシカ』収録の『BIPOLAR』ジャケット
  • 発売:
    2022.05.25
  • 作詞:
    キタニタツヤ
  • 作曲:
    キタニタツヤ
シェア:

ステータス:

公式 フル

キタニタツヤ「ちはる feat. n-buna from ヨルシカ」歌詞

君の髪に冬の残り香があった
ほろ苦くて、煙みたいなアイスブルーで
僕の髪に春の花びらがついて
笑い合っていたこと
もう随分前のことのように思える


あまりに脆くて
ただ散りゆく季節の幼い恋を
胸に抱いて雨を待つ
花冷えの日、またひとつ春めいていくから


さらさらと頬を撫でる
春の雨にまた君を思い出す
薄桃色に霞んでいく光の束をつかんだら
花便りがもう聞こえる


昼下がりの街はグレイスケールの海
こぬか雨だ
傘をさしたって仕方ないね
笑う君の長いまつ毛を滑った
しずくになれたら
そんな空想さえ懐かしく思える


僕らの時間は
ただ散りゆく季節と共に過ぎていった
気づけば君の背中は春霞の向こう側
逃げ去ってしまった


さらさらと頬を撫でる
春の雨にまた君を思い出す
アスファルトに滲んでいく
花びらひとつ拾う度


何度も踏みつけられて汚れてもなお鮮やかな桃色が
あの日から色のない霧に囚われた
僕の目には眩し過ぎたよ
季節が千巡っても、またここに戻ってこようと思う
花冷えの日


さらさらと頬に伝う
しずくはもう溢れてしまって
景色全部が滲んでいく
君の背中が見えた気がした


さらさらと頬を撫でる
春の雨にまた君を思い出す
薄桃色に霞んでいく光の束をつかんだら
花便りがもう聞こえる


ぬるい風に冬の残り香があった
何度だって
君のいない春を歩いていくよ


  • 発売日:
    2022.05.25
  • 曲名:
    ちはる feat. n-buna from ヨルシカ
  • 歌手:
    キタニタツヤ
  • 作詞:
    キタニタツヤ
  • 作曲:
    キタニタツヤ
  • 関連歌手:
    ヨルシカ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

キタニタツヤ 『ちはる feat. n-buna from ヨルシカ』の THE FIRST TAKE

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ