クイックリポート

Quick Report 歌詞岡崎体育

『岡崎体育 - Quick Report』収録の『FIGHT CLUB』ジャケット
  • 発売:
    2021.10.20
  • 作詞:
    岡崎体育
  • 作曲:
    岡崎体育
シェア:

ステータス:

公式 フル

岡崎体育「Quick Report」歌詞

快晴の泉大津
2万人の大観衆
鮮烈に登場したのは
他でもないこの男
かつて日本の音楽シーンに
彗星の如くやってきた
盆地テクノのパイオニア
岡崎体育だ。


目を血走らせ拳を上げ
「いけんのかお前ら!」と叫ぶと、
オープニングナンバー「Go to Heaven」の爆音が鳴り響いた。


のっけから会場を熱狂の渦に巻き込んでいくと、
1曲目にして観客のボルテージは一気に最高潮に。


2曲目は去年発表したアルバムから国民的大ヒットを記録して
お茶の間に浸透した「Go to Hell」だ。


イントロが鳴り響き、その場にいた全員が踊り出した瞬間、
観客のボルテージは一気に最高潮に。


そしてその直後、麗しいほどに汗ばんだ岡崎が笑顔をうかべながら
前髪をかき上げた瞬間、観客のボルテージは一気に最高潮に。


続く3曲目は自身の高校時代の片想いをストレートに綴った
ノンフィクションバラード「カバ公園」だ。
未発表の新曲ではあるが、8月の大阪の空を突き抜けていくかのような
岡崎の美しい歌声は、観客のみならず、
バックステージのアーティスト達の目頭を熱くさせるものであった。
すると観客たちはひとり、またひとりとタオルを両手で掲げはじめた。
会場に広がるタオルの大海原は、これからの岡崎体育の行く末を
暗示しているかのようにも思えた。
このどこからともなく始まった奇跡に観客のボルテージは一気に最高潮に。


「観客のボルテージを一気に最高潮にすることはフェスの醍醐味だ」
と語る岡崎体育。
きっとこれからも全国の夏フェスで観客のボルテージを一気に
最高潮にしてくれることだろう。
観客のボルテージを一気に最高潮にしたまま、
日本の音楽シーンに彗星のごとく現れた男の圧巻のステージは幕を閉じた。


『岡崎体育 - Quick Report 歌詞』収録の『FIGHT CLUB』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.10.20
  • 曲名:
    Quick Report
  • 読み:
    クイックリポート
  • 歌手:
    岡崎体育
  • 作詞:
    岡崎体育
  • 作曲:
    岡崎体育
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ