公式 フル

嬉しい涙 歌詞

歌手
SUPER BEAVER

ああ 楽ではない日々の 隙間にそれが一筋でも
嬉しい涙がこぼれるように


朝が見えないほど 深い夜の その中で
夜を忘れるほど 笑えた時間を 忘れないよ
自由には責任が 不自由には きっと無責任
肩を組みたいなら 目を見て話さなきゃと気がついた


新たな決断に 思い浮かべる顔
回り道も 今となれば 旧き友のようで


ああ 僕の歓びとは 僕だけの歓びのはずが あなたまで歓んでいる今日で
ああ 僕が悔しいのは 僕だけの悔しさじゃなくて
あなたも悔しそうだからだった


無駄の中の意味を 知らず知らず 見つけてた
肩がぶつかっても 二度と会わない人ばかりだから


「もしもあの時」とか 今さら怖いのは
自分で思ってる以上に 素晴らしい今日なんだって


ああ あなたの歓びを 同じように歓べたなら
それ以上 楽しいことはないよ


啖呵切って 強がってたって 真っ暗闇は 誰だって
不安で 寂しくなるばかり
あーだこーだ言ってないで ちゃんと 目見て 顔突き合わせて
やっと ねえ やっと 知らない誰かでは無くなったなら


ああ 本当のこと言えば 眩しさに目を細めるような
嬉しい涙であふれるように


ああ 僕らの歓びは 絶えず歌い続けた歌を
あなたまで口ずさんでる今日で
ああ 楽ではない日々の 隙間にそれが一筋でも
光になる歌であればいいな


啖呵切って 強がってたって 真っ暗闇は 誰だって
不安で 寂しくなるばかり
あーだこーだ言ってないで ちゃんと 目見て 顔突き合わせて


嬉しい涙であふれるように


『SUPER BEAVER 嬉しい涙 歌詞』収録の『』ジャケット
シェアリンク
歌手: SUPER BEAVER
発売日: 2018.06.27
作詞: 柳沢亮太
作曲: 柳沢亮太
ステータス: 公式 フル

SUPER BEAVER『嬉しい涙』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE