HEAVEN 歌詞SUP

『SUP - HEAVEN』収録の『HEAVEN』ジャケット
  • 作詞:
    伊織
  • 作曲:
    伊織

ステータス:

公式 フル
シェア:

SUP「HEAVEN」歌詞

どこまでも行けそうな
澄んだ瞳で見られて
後ろのおばけが背中を押した
「どこまでもついて行くわ」


なにもかも透き通った
空は昼間の月を見せてくれ
吸い込まれるように歩き出した
重力はもう感じない


受け入れた約束を守る為
家族には戻らないと告げる
放たれた犬の遠吠えがもうすぐそこまできているから


ランプの灯りを吊るして待ってる
友人とともに向かうよ
指先で涙を拭って
飽きるほど笑いあおうね


だから俺の瞳は先を見てんだ
体では一切なにも感じないから
魂売り飛ばしたあなたに届きますように


『SUP - HEAVEN 歌詞』収録の『HEAVEN』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.04.08
  • 曲名:
    HEAVEN
  • 歌手:
    SUP
  • 作詞:
    伊織
  • 作曲:
    伊織
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

SUP 『HEAVEN』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE