制服の重さ 歌詞 STU48


Seifuku no Omosa Lyrics
制服の重さ 歌詞
歌手:STU48

やりたいことできず不貞腐れてくまで どんな風に僕は壊れて行くのだろう?

教室の空気は澱(よど)んで いつかこんな息苦しさ 逃げ出したいって思ってた ガラス窓 割り続けるより 模範的に立ち振る舞い 恩赦の日を待った

紙っきれの卒業証書なんか これから先の人生で役に立つものか!

制服がこんなに重たいものだなんて 脱いだ瞬間 今 初めてわかったんだ 羽が生えたように 心 軽くなって 僕はもうどこへもきっと飛んで行けるよ それは幸せなようで不幸かもしれない

整列を疑わぬ者よ この世界の理不尽さに なぜ怒りの声上げないのか? 教師から監視されながら Xデー計画した若さは甘すぎた

何もできず 夜明けの空を見上げ 自分の今の能天気さ 思い知ったのさ

制服に僕らは守られてたなんて 壁のハンガー ふと眺めて気づいたんだ どんな絶望にも傷つくことのない 多分 夢でできてる鎧を着てたんだろう

これから 何が起きるのか? 誰も知らない 想像もできない未来には そんないいことばかりじゃない 確かなことはそれだけだ

制服に自由を縛られてたんじゃなく 飛べるわけがないと勝手に諦めてた

制服がこんなに重たいものだなんて 脱いだ瞬間 今 初めてわかったんだ 羽が生えたように 心 軽くなって 僕はもうどこへもきっと飛んで行けるよ それは幸せなようで不幸かもしれない

発売日:2019.02.13
作詞:秋元康
作曲:aokado
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense