『STU48 - 一杯の水』収録の『大好きな人』ジャケット

一杯の水 歌詞 STU48


Ippai no Mizu Lyrics
一杯の水 歌詞
歌手:STU48

8月のアスファルト 走る自転車は 全力でペダル漕ぐ足下 地面から熱を感じるんだ

白いシャツ 吹き出す汗 濡れてくっついた 加速度増せば 正面からの風が心地いい

君の家まで 何分かかる? 照りつける太陽 アブラゼミの声 坂道が辛いと思わないのはなぜ?

真夏のこの暑さが僕は嫌いじゃないんだよ 直射日光 浴びてると生きてるって気がするんだ 頑張って額を拭って 必死に走り続けて ようやく 愛までたどり着いたら 一杯の水を…

ひまわりが咲き乱れる空き地横切って 近道を抜け ソーラーパネルの屋根が見えるまで

気づいたらもう 汗びっしょりだ 荒い呼吸も火照った身体(からだ)も 脈拍の速さに満足してしまう

走った疲労感が僕は嫌いじゃないんだよ 風の中で少しずつ回復するそのプロセス 頑張った自分を褒めたい 頑張った僕を褒めてよ こんなに急いでやって来たんだ 一杯の水を…

玄関でそっと微笑み コップの水を出してくれた 炎天下 自転車なんて 君は呆れながら

頑張った自分を褒めたい 頑張った僕を褒めてよ どうして こんなに急いだのか?

真夏のこの暑さが僕は嫌いじゃないんだよ 直射日光 浴びてると生きてるって気がするんだ 頑張って額を拭って 必死に走り続けて ようやく 愛までたどり着いたら 一杯の水を…

発売日:2019.07.31
作詞:秋元康
作曲:BASEMINT
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense