『スピッツ - 花と虫』収録の『見っけ』ジャケット

花と虫 歌詞 スピッツ


Spitz - Hana to Mushi Lyrics
花と虫 歌詞
歌手:スピッツ

おとなしい花咲く セピア色のジャングルで いつもの羽広げて飛ぶのも 飽き飽きしてたんだ 北へ吹く風に 身体を委ねてたら 痛くても気持ちのいい世界が その先には広がっていた

終わりのない青さが 僕を小さくしていく 罪で濡れた瞳や 隠していた傷さえも 新しい朝に怯えた

それは夢じゃなく めくるめく時を食べて いつしか大切な花のことまで 忘れてしまったんだ 巷の噂じゃ 生まれ故郷のジャングルは 冷えた砂漠に呑まれそうだってさ かすかに心揺れるけど

終わりのない青さの 誘惑に抗えずに 止まらなかった歩みで 砂利の音にこごえて 新しい朝にまみれた

「花はどうしてる?」つぶやいて噛みしめる 幼い日の記憶を払いのけて

終わりのない青さは 終わりがある青さで 気づかないフリしながら 後ろは振り返らずに

終わりのない青さが 僕を小さくしていく 罪で濡れた瞳や 隠していた傷さえも 新しい朝に怯えた 爽やかな 新しい朝にまみれた

発売日:2019.10.09
作詞:草野正宗
作曲:草野正宗
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE