通り雨、うつつのナラカ 歌詞

『崎山蒼志 - 通り雨、うつつのナラカ』収録の『Face To Time Case』ジャケット
歌手:

崎山蒼志

よみ: とおりあめうつつのナラカ
発売日: 2022.02.02
作詞: 崎山蒼志
作曲: 崎山蒼志

ああ 最悪で純粋な夢から覚めて
落ちていくまたベットの弾みへ
このまま 閉じていく
苦しみはしたくないと
ああ 大切なものや憧憬は
拡大せずとも光輝くだろう
あの夏草と僕は同じ
ゆらゆら揺れる


憎しみを窓から映して
転んで 今日が最悪でも
雨に濡れて
乾かす太陽があつくて
そこに生きてる


ああ そこら中ぶちまけたサイダー
怠惰 の色と染みてゆき
今渇いていく
それらをただただ見つめて時を逃す
最低な
ああ 後悔が浮き上がり
ぎこちない過去を破って また迫り来てる
季節のはじまりに加速する香り
あなたが教えてくれた


憎しみが窓に映って
拒んで 今日がこりごりでも
雪に溶けて
乾かす太陽の光と
そこに生きてる


願いにも似た呪文をずっと
唱えている
草臥れた疲弊した訳でもないのに
ずっと疲弊し続けて
馬鹿みたい なんて言えたら
言葉が先に泡吹いて
海岸でまた僕は僕の首を噛む


憎しみを窓から映して
転んで 今日が最悪でも
雨に濡れて
乾かす太陽があつくて
そこに生きてる
さりげなく“今日”は生きてる
死んで なくなったつもりでも
雨が止んで
瞬きの中に潜んで


そこに生きてる
ずっと生きてく

リンクをコピー

歌手: 崎山蒼志
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • 崎山蒼志 通り雨、うつつのナラカ 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

崎山蒼志 通り雨、うつつのナラカ 歌詞