そのままどこか 歌詞崎山蒼志

『崎山蒼志 - そのままどこか』収録の『find fuse in youth』ジャケット
  • 発売:
    2021.01.27
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志
シェア:

ステータス:

公式 フル

崎山蒼志「そのままどこか」歌詞

後悔に包まれて
心の底で俯いている
夕焼け前の空は
水彩のにおい 溶けだしてきそうなほどに


ぼんやり固めた覚悟なんて
脆いもんでさ 駄目になりそう
だめになってるかもう
この夕景に拐われるように
現れてくれたらいいのに
微かに時が止まる


そして そのままどこか連れてって
連れてってよ
明るいうち(家)はない ずっと夜までも
真澄の空が月へと 続いてく
深く呼吸をして 今日はもう眠ろうか


ひとつ 鼓動が聞こえる夜は深い
明日になって言える こともない
虚無の予感が部屋を満たしていく
今日の終わりは暗い
窓の向こうに明日が待ってる
見えてくるよ


後悔に包まれて
心の底で俯いている
夕立ち前の空に急ぐ
君に会いに 駆けていくのさ


(響きわたる環境音にのまれてく
夕暮れに沿って街も閉じていく)
騒ぎたてるようにずっと流れてる
この音楽よりもはやく
音楽よりもはやく


(そのままどこか連れてって
連れてってよ)
明るいうち(家)はない
ずっと夜までも
真澄の空が月へと 続いてく
深く呼吸をして 今日はもう眠ろうか


  • 発売日:
    2021.01.27
  • 曲名:
    そのままどこか
  • 歌手:
    崎山蒼志 (さきやまそうし)
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

崎山蒼志 『そのままどこか』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ