崎山蒼志 過剰/異常 with リーガルリリー 歌詞

『崎山蒼志 - 過剰/異常 with リーガルリリー』収録の『嘘じゃない』ジャケット
  • 発売:
    2021.09.08
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志
シェア:

ステータス:

公式 フル

崎山蒼志「過剰/異常 with リーガルリリー」歌詞

プラスチックのように軽い日常が終わっていく
時計の針に集中して 考えるのは 明日のことです


腐ってる世界を 生ぬるい感性を
月のように照らされるものを
あの 破れたレシートを 見ている


手を振ってまた今度ねと
口に出す日々は続いていて
その日々の中で切り取ったいつかに
僕は死んでいるのだろう
黙って 濁ってしまった言葉は
もう息もしてないみたいだな
黒い服はもう飾りになっていた


変わっていく世界を 変わらない寂しさを
月のように吹き抜けた明かりを
あの 自動販売機を 見ている


手を振ってまた今度ねと
口に出す日々は続いていて
その日々の中で切り取ったいつかに
僕は死んでいるのだろう
黙って 濁ってしまった言葉は
もう息もしてないみたいだな
黒い服はもう飾りになっていた
黒い服はもう飾りになっていた


手を振ってまた今度ねと
口に出す日々は続いていて
その日々の中で切り取ったいつかに
僕は死んでいるのだろう
黙って 濁ってしまった言葉は
もう息もしてないみたいだな
黒い服はもう飾りになっていた
飾りになっていた


  • 発売日:
    2021.09.08
  • 曲名:
    過剰/異常 with リーガルリリー
  • 読み:
    かじょういじょう
  • 歌手:
    崎山蒼志 (さきやまそうし)
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志
  • 関連歌手:
    リーガルリリー
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

崎山蒼志 『過剰/異常 with リーガルリリー』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ