よみ:
ヘリックス

Helix 歌詞崎山蒼志

『崎山蒼志 - Helix』収録の『Face To Time Case』ジャケット
発売:
2022.02.02
作詞:
崎山蒼志
作曲:
崎山蒼志

崎山蒼志「Helix」歌詞

消えないこと約束しよう
何処までも行けるよう 星に祈るよ
消えないこと約束しよう
何処までも行けるよもう
何処までも行けるよもう


Helix 霧雨の夜に
閉じた魔法がまた匂ってくる
フェンス越しに蠢く
化け物の戯れに私は目を伏せる


途切れないで
今日よりも思い出して
途切れないで
今日よりも思い出して
夏は形骸か 涼やかな太陽が
残ってる 静かに流れてる


Helix 霧雨の夜に
閉じた魔法がまた匂ってくる
フェンス越しに蠢く
化け物の戯れが怪しく煙る
Helix でたらめな夜に
落ちたブレーカーまたは体温が
鏡越しに蠢く私の虚像により
私は消えてゆく


頭の中鳴っているのずっと
被害者は報われないずっと
渦巻く虚無の苦味 痛み 
嫌い 同じ韻の意味を
やがて朽ち果てる冒涜も
洗脳じみた日々の偏見も
組み立てるの私自身だと
問いかけるの気が滅入りそうだよ


恐れるのは己自身も


消えないこと約束しよう
何処までも行けるよう 星に歌うよ
消えないこと約束しよう
何処までも行けるよもう
何処までも行けるよ


Helix 霧雨の夜に
閉じた魔法がまた匂ってくる
画面越しに蠢く奴らのお友達関係
審議も裂ける
鋭利 いたいけな日々は
今も尚 毒が散らかっている
フェンス越しに蠢く
化け物の戯れに私は目を伏せる


崎山蒼志『Helix』の 詳細

『崎山蒼志 - Helix 歌詞』収録の『Face To Time Case』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.02.02
購入:
曲名:
Helix
よみ:
ヘリックス
歌手:
崎山蒼志 (さきやまそうし)
作詞:
崎山蒼志
作曲:
崎山蒼志
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

崎山蒼志『Helix』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

崎山蒼志 Helix 歌詞