ヘブン

Heaven 歌詞崎山蒼志

『崎山蒼志 - Heaven』収録の『Heaven』ジャケット
  • 発売:
    2020.12.01
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志
シェア:

ステータス:

公式 フル

崎山蒼志「Heaven」歌詞

誰もがある人の言葉の中
頭に咲いた少しの希望と
ヘブンとかコミュニケーションなど
優しさをふくめてみたりして


誰もがある人の言葉の中
頭に咲いた少しの希望と
ヘブンとかイニシエーションなど
優しさをふくめてみたりして


ハイタッチして割れる毎日で
太陽を体内の内臓まで燃やして
ジャンプしてんだずっと
嫌いなものから
探している魔法など
全てから脱皮したい12月の夜


黄金の撃鉄に触れて
一発でも撃ち込みたいみたいな
この世界の中で
in the end navy blue


ハイタッチして割れる毎日で
太陽を体内の内臓まで燃やして
ジャンプしてんだずっと
嫌いなものから
探している魔法など
全てから脱皮したい


美しさが動脈の走り方に
敏感に反応して今朝
身体の中 踊る


月の下では 無重力な嘘
黒い色をした水道は
悲しさを浴びる
シャワーの様で


ハイダイブして沈む毎日で
太陽を体内の内臓まで燃やして
天に届かないんだ
嫌いなものも 好きなように
この街から逃げてしまえばいい


ハイタッチして割れる毎日で
太陽を体内の内臓まで燃やして
ジャンプしてんだずっと
嫌いなものから
探している魔法など
全てから脱皮したい


灰になって世界を循環して
悟って星になる
そんな曖昧なイニシエーションいらない


  • 発売日:
    2020.12.01
  • 曲名:
    Heaven
  • 読み:
    ヘブン
  • 歌手:
    崎山蒼志 (さきやまそうし)
  • 作詞:
    崎山蒼志
  • 作曲:
    崎山蒼志
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

崎山蒼志 『Heaven』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ