『Sori Sawada - 水でもやるか』収録の『おたがいさま / 水でもやるか』ジャケット

水でもやるか 歌詞 Sori Sawada


Sori Sawada - Mizu Demo Yaru ka Lyrics
水でもやるか 歌詞
歌手:Sori Sawada
動画あり:

窓際に咲いた秋桜を 眺めて過ごすだけの毎日を。 初心者向けの花だと言って放った あいつの顔、思い出している。

思い出している。

花のようだった。 ピークは一瞬だった。 見世物にもならない恋だった。 水が足りなかった。 花のようだった。 なんてのは美化し過ぎか。 想い出は勝手に太るから 食べさせておけ。

99.9%、あなたは悪くなかった。 だけど0.1%、いつも一言余計なんだよ。 お互い正々堂々、清々していればいいさ。 差し詰め差し引き0ってとこだ。 あーあ、馬鹿らし

水でもやるか。

仰向けに寝転がったまま 履歴を見返すような休日を。 束縛は緩めがいいって言った あいつはやけに飲みに出ている。

馬鹿みたいだった。 一方通行だった。 代わりなんていないとほざいていた。 若気が至っていた。 花のようだった。 枯れるために咲いている。 「恋は育てるから育つ」って それらしいよね。

99%くらい気持ちが此処にあっても 残りの1%分を探すようなものなんだよ。 健気な女も、気丈な男も、もう古いのさ。 幸せになったらプードルを飼おう。 それで勝ちだ。

逼迫していく生活。 それでもいいはずだったんだ。 懶な二人さえ居れば  騙し騙しやっていけるさ。 このまま間違い探しをするように 間違わない方法を探すくらいなら。

99.9%、あなたのせいにしたいよ。でもね。 残りの0.1%、気持ちはここにあんだよ。 あなたは正々堂々、清々していればいいさ。 惚れた方が負けだなんてよく出来てる。

それでもね。

花のようだった。 変わっていく感情は 他人事だなんて思っていた。 他人になるまで気付かなかった。 花のようだった。 なんてのは美化し過ぎだ。 想い出くらい都合良くしよう。 生きているうちに供養しよう。

花のようだった。 水でもやるか。

発売日:2020.05.02
作詞:Sori Sawada
作曲:Sori Sawada
ステータス:公式フル
PV / Music Video:
水でもやるか / Sori Sawada (Official Music Video) - youtube Video
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE