点描の唄(井上苑子ソロver.)の歌詞 井上苑子

『井上苑子 - 点描の唄(井上苑子ソロver.)』収録の『白と色イロ』ジャケット
  • 作詞:
    大森元貴
  • 作曲:
    大森元貴

ステータス:

公式 フル

井上苑子「点描の唄(井上苑子ソロver.)」歌詞

貴方の声で解れてゆく
忘れたくないと心が云う
思い出ばっか増えてゆく
ずっと側に居たい


泣き虫でもいいかな
強がらないでいいよ
限りある恋だとしても
出逢えて幸せです


いつまでも
いつまでも
続いて欲しいと願っている
手を取ることは出来ずとも
私は貴方を好いている


貴方の夢で心安らぐ
目覚めたくないと僕は云う
思い出ばっか増えてゆく
明日も側に居たい


どこまでも
どこまでも
鈍感な僕を叱って欲しい
当たり前が壊れることに
気づけないくらいに子供だけど
ちゃんと僕は貴方を好いている


私の僕の
時間が止まればいいのに


ほらまた期待をしてしまう
グッと堪えてみるからさ
もし溢れ出したら
瞳をちゃんと見てよ 見てよ 見て
貴方の影だけ伸びてゆく
消えてしまわないで
ずっと この思いは変わらない


いつまでも
いつまでも
続いて欲しいと願っている
手を取ることは出来ずとも
過ぎていく現在(いま)に抱きしめられている


私の僕の
時間が止まればいいのに


今日を噛み締めていよう
終わるな
夏よ、終わるな


『井上苑子 - 点描の唄(井上苑子ソロver.) 歌詞』収録の『白と色イロ』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2019.05.29
  • 曲名:
    点描の唄(井上苑子ソロver.)
  • 歌手:
    井上苑子
  • 作詞:
    大森元貴
  • 作曲:
    大森元貴
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Sonoko Inoue「Tenbyou no Uta (Sonoko Inoue solo ver.)」Lyrics

anata no koe de hogurete yuku
Wasuretakunai to kokoro ga iu
Omoide bakka fuete yuku
Zutto soba ni itai


nakimushi demo ii ka na
Tsuyogaranaide ii yo
Kagiri aru koi da to shitemo
Deaete shiawase desu


itsu made mo
Itsu made mo
Tsuzuite hoshii to negatteiru
Te wo toru koto wa dekizu tomo
Watashi wa anata wo suiteiru


anata no yume de kokoro yasuragu
Mezametakunai to boku wa iu
Omoide bakka fuete yuku
Ashita mo soba ni itai


doko made mo
Doko made mo
Donkan na boku wo shikatte hoshii
Atarimae ga kowareru koto ni
Kizukenai kurai ni kodomo dakedo
Chanto boku wa anata wo suiteiru


watashi no boku no
Jikan ga tomareba ii no ni


hora mata kitai wo shite shimau
Gutto koraete miru kara sa
Moshi afuredashitara
Hitomi wo chanto mite yo mite yo mite
Anata no kage dake nobite yuku
Kiete shimawanaide
Zutto kono omoi wa kawaranai


itsu made mo
Itsu made mo
Tsuzuite hoshii to negatteiru
Te wo toru koto wa dekizu tomo
Sugite yuku ima ni dakishimerareteiru


watashi no boku no
Jikan ga tomareba ii no ni


kyou wo kamishimeteiyou
Owaru na
Natsu yo, owaru na


Share Me!

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE