よみ:
ミラーズ

mirrors 歌詞斉藤壮馬

『斉藤壮馬 - mirrors』収録の『陰/陽』ジャケット
発売:
2022.12.07
作詞:
斉藤壮馬
作曲:
斉藤壮馬
編曲:
野村陽一郎

斉藤壮馬「mirrors」歌詞

揺らいでいる 不確かな憎悪
ハレーション ふいに見えたよう


残響に手を伸ばし
黒白に染まりゆく
まばたきをするたびに
凍えていく


哀しみを
哀しんでもいいよ
夢から醒めてもなお
哀しみを愛してる


怖いね さかさまの牢
ふたりで 結ばれた像はサッカード


まやかしてよ
偽者のぼくを
このまま騙していて
まなざせよ ねえ


ひとりワルツを踊る
ねえもう一回ね
ね、もう一回ね
全部終わりにするからさ
白昼夢に囚われ
ねえどんなんだっけ
ね、どうだったっけ
鏡越し 笑うきみは誰?


哀しんでよ
哀しんでもいいよ
夢なら醒めないでよ
どこまでも お願い


いつかこんな気持ちさえも
忘れ 失くすさだめなら
それはそれでひとつの救いさ
影の音 深いそこへ
堕ちて


斉藤壮馬『mirrors』の 詳細

『斉藤壮馬 - mirrors』収録の『陰/陽』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.12.07
曲名:
mirrors
よみ:
ミラーズ
歌手:
斉藤壮馬
作詞:
斉藤壮馬
作曲:
斉藤壮馬
編曲:
野村陽一郎
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

斉藤壮馬『mirrors』の Official Music Video

斉藤壮馬『mirrors』の XFD

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

斉藤壮馬 mirrors 歌詞