『SixTONES - うやむや 歌詞』収録の『1ST』ジャケット 公式 フル

うやむや 歌詞

歌手
SixTONES

真っ暗に光るは太陽
はつまりアイツは最高
なんてことじゃないのさ相棒
されどお近くへ


あなどれない妄想
大の字で寝てるその隣
語彙力ないのにつぶやきます
どれどれやれやれ自己満 show
てんやのわんやの敵の頭上
不意打ち狙う悩みどころ
陣中見舞いはさてどうしよう
最後の別れといきますか


味をしめたやつのカルマ
未来永劫 グルグルグル
遮る愛は捨てちまえなんて
思っても言えない武士道よ
うだうだくちゃくちゃ物申そう
トラウマだらけで針千本
未知数だらけの俺らの説明
gsdhiaofjisabcvlkghjhb


真っ暗に光るは太陽
はつまりアイツは最高
なんてことじゃないのさ相棒
されどお近くへ
不朽の名作誕生
そんなことはどうでもいいの
千を語るより I must go
脱走 うやむやで


抽象的でもどうぞ
愛され上手に憂さ晴らし
検索するほど綻びます
ズルズルブルブル蟻地獄
皆目検討つくような
つまらぬことはやめとしましょう
経験不足 乱れ打ちも
誰もがお初でいいじゃない


茹だる夜は踊るサルサ
異常感知 Beep Beep Beep
誰かの愛に溺れそうなモンスター
笑っても泣いても飛花落葉(ひからくよう)
ウジウジ三日くらいどうぞ
洞穴から見た闇上等
屁理屈 妬みはこの際ここらで
hgfvsfhiuahspgdhfdhgfd


真っ新(まっさら)にはるばる来訪
はつまりアイツさ 感動
的なこと言えない細胞
されどお近くへ
不毛な議論を一聴
そんなことはどうでもいいの
小を語るより I must go
感情 うやむやで


点は繋がれて海超え
山超え蔓延る人波乗り超えて
いじける間もなくここから始まる
嬉し涙なぞまだ早い
踏んだり蹴ったりげっそり企み
悪路に咲かすは水たまり
リスクは大好きいつまでたっても
嫌になるのも絵になる


真っ暗に光るは太陽
はつまりアイツは最高
なんてことじゃないのさ相棒
されどお近くへ
不朽の名作誕生
そんなことはどうでもいいの
千を語るより I must go
脱走 うやむやで


真っ暗に光るは太陽
はつまりアイツは最高
なんてことじゃないのさ相棒
されどお近くへ
不朽の名作誕生
そんなことはどうでもいいの
千を語るより I must go
脱走 うやむやで


『SixTONES - うやむや 歌詞』収録の『1ST』ジャケット
シェアリンク
歌手: SixTONES
発売日: 2021.01.06
作詞: KOUDAI IWATSUBO
作曲: KOUDAI IWATSUBO・Seiji Iwasaki
ステータス: 公式 フル

SixTONES『うやむや』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE