仲村宗悟 オブラート 歌詞 - 歌詞探索【歌詞リリ】

オブラート

仲村宗悟

『仲村宗悟 - オブラート』収録の『JUMP』ジャケット
発売:
2021.02.10
作詞:
仲村宗悟
作曲:
仲村宗悟

透明な膜が僕を包んでるみたいだ
息ができない
何遍も剥がしてみようとしたのに
ダメみたい


ねぇ僕は正常なの?叫んだり止まったり
早く息が吸いたいだけ


何も誤魔化す気はないよ
そのまんまの僕を届けたいだけ
どうぞおひとつ召し上がれ
溶かしてほしい


透明な膜が僕を包んでるみたいだ
息ができない
大切なものが蜃気楼のように
滲んでいく


ねぇ言葉は平等なの?残ったり流れたり
ほんとの価値が知りたいだけ


どこまでも広い世界で
最低な夜が訪れたとき
何を信じればいいかなんて
わからないけど


今もずっと出口を探して
もがいている
ビルの隙間からこぼれ落ちた
朝日が影に染み込んでいく


何も誤魔化す気はないよ
そのまんまの僕を届けたいだけ
どうぞおひとつ召し上がれ
溶かして欲しい
ねぇ、溶かして


DETAILS

仲村宗悟『オブラート』の詳細

  • 仲村宗悟 オブラート 歌詞

曲名: オブラート
歌手: 仲村宗悟
作詞: 仲村宗悟
作曲: 仲村宗悟
発売日:2021.02.10
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー