よみ:
まってるあいだ

待ってる間 歌詞仲村宗悟

『仲村宗悟 - 待ってる間』収録の『流転』ジャケット
発売:
2022.01.26
作詞:
仲村宗悟
作曲:
SACHIKO

仲村宗悟「待ってる間」歌詞

ソファに寝転んで君のこと思い出してた
くしゃっと笑う顔 薄めの味噌汁の味
録画のドラマみて早々に君は泣いてて
気づかないふりしてその手をそっと握った


冗談が好きな僕と呆れてそれを流す君
その時間が好きだったな


あのまま続いていたらどんな今だったかな
どうしてこんなこと考えているんだろう
納得して忘れて過ごしてたのに
ほんとにバカだな


2人でいる時間(とき)が当たり前になっていく度に
君が送るサインにも気づけなくなった


核心に触れもせずにおどけてそれを流す僕
向き合うのが怖かったんだ


あの夜悲しそうな声で僕を呼んだね
「わかった」と強がりの笑顔でそう返した
このままじゃいられないことなんて
とっくに知ってた


あのまま続いていてもきっと繰り返すだろう
だからさ綺麗に香るあの日にさよなら
柄にもなくカッコつけるなんてさ
ほんとにバカだな
さぁシャツを干さなきゃ


仲村宗悟『待ってる間』の 詳細

『仲村宗悟 - 待ってる間 歌詞』収録の『流転』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.01.26
購入:
曲名:
待ってる間
よみ:
まってるあいだ
歌手:
仲村宗悟
作詞:
仲村宗悟
作曲:
SACHIKO
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

仲村宗悟 待ってる間 歌詞