JUMPの歌詞 ジャンプ 仲村宗悟 アニメ「

スケートリーディング☆スターズ

」ED

『仲村宗悟 - JUMP』収録の『JUMP』ジャケット
  • 作詞:
    仲村宗悟
  • 作曲:
    片山義美

ステータス:

公式 フル

仲村宗悟「JUMP」歌詞

狂おしいほどの想いだってさ
1つのことに全力になったってさ
この手に掴めないものがあると
気づいたら涙が溢れてた


暗闇の底にいて俯いてたら
差し込んだ柔らかい
光の中そこにいた


何回だって落ち込んだって
ここまでたどり着いたんだ
僕らならさ まだ前に行けるだろう
七転八起 日進月歩
可能性のその先へ
手を伸ばしたら
夢に指先が触れた気がした


「勝ちたい」と思う気持ちだってさ
必ずしも届くことはないけど
それを持ってなきゃ明日へ続いていく
栄光を覗けはしないだろ


言葉にすればきえちゃいそうでも
言葉にしなきゃ伝わらないから
苦しくても 拙くても
走り続けるさ


子供の頃に描いてた未来が
今は全然違ってたとしても
それは逃げじゃない特別な何かを
新しく見つけたんだよ


何回だって落ち込んだって
ここまでたどり着いたんだ
僕らならさ まだ前に行けるだろう
七転八起 日進月歩
可能性のその先へ
手を伸ばしたら
夢に指先が触れた気がした
まだまだその先へ JUMPしようぜ


『仲村宗悟 - JUMP 歌詞』収録の『JUMP』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.10
  • 曲名:
    JUMP
  • 読み:
    ジャンプ
  • 歌手:
    仲村宗悟
  • 関連作:
    スケートリーディング☆スターズ
  • 作詞:
    仲村宗悟
  • 作曲:
    片山義美
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Shugo Nakamura「JUMP」Lyrics

kuruoshii hodo no omoi datte sa
Hitotsu no koto ni zenryoku ni natta tte sa
Kono te ni tsukamenai mono ga aru to
Kizuitara namida ga afureteta


kurayami no soko ni ite utsumuitetara
Sashikonda yawarakai
Hikari no naka soko ni ita


nan kai datte ochikonda tte
Koko made tadoritsuitan da
Bokura nara sa mada mae ni ikeru darou
Shichitenhakki nisshingeppo
Kanousei no sono saki e
Te wo nobashitara
Yume ni yubisaki ga fureta ki ga shita


“kachitai” to omou kimochi datte sa
Kanarazu shimo todoku koto wa nai kedo
Sore wo motte nakya asu e tsuzuiteiku
Eikou wo nozoke wa shinai daro


kotoba ni sureba kiechaisou demo
Kotoba ni shinakya tsutawaranai kara
Kurushikutemo tsutanakutemo
Hashiri tsuzukeru sa


kodomo no koro ni egaiteta mirai ga
Ima wa zenzen chigatteta to shite mo
Sore wa nige janai tokubetsu na nanika wo
Atarashiku mitsuketan da yo


nan kai datte ochikonda tte
Koko made tadoritsuitan da
Bokura nara sa mada mae ni ikeru darou
Shichitenhakki nisshingeppo
Kanousei no sono saki e
Te wo nobashitara
Yume ni yubisaki ga fureta ki ga shita
Madamada sono saki e JUMP shiyou ze


仲村宗悟 『JUMP』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE