バケモノの唄 歌詞shino

『shino - バケモノの唄』収録の『バケモノの唄』ジャケット
  • 作詞:
    shino
  • 作曲:
    shino

ステータス:

公式 フル
シェア:

shino「バケモノの唄」歌詞

エゴの産物として育った僕等を投げ出して
看取ることを放棄した老婆
街は人ひとりもいないようだ
四畳半にぶら下がった肢体を蝕んだ
その姿たるやまるで狼牙
とも言い切れぬ僕は誰なんだ?


始りは何時だってタイトなモノローグ
言葉足らずな命こそエンドレス
拘泥して肯定して 振出しに戻って
負け犬のように踊る
sha la la la la


誰もが祈っているでしょう?
いつから僕等は神様になったつもりだよ
満ち欠けた月の奥で
僕はバケモノになってしまった
醜い姿ではお前を愛せやしないんだよ
二度と戻れない定めと知っている


満たされない夜にそっぽ向いてピアノを鳴らしている
背中越しに伝わった温度
噛み砕いた指輪は2カラット
息も絶え絶えに辿り着いたこの大迷宮
アイロニー混じりのラブソング
夜空を照らす月さえリサイズ
透明な群像を追いかけて転んで
俯く影は何時かの僕だ
先天性の光も爆弾に変わって
深い闇に沈んでいく
sha la la la la


誰もが祈っているでしょう?
いつから僕等は神様になったつもりだよ
満ち欠けた月の奥で
僕はバケモノになってしまった
醜い姿ではお前を愛せやしないんだよ
二度と戻れない定めと知っている


溶けて堕ちていく
夜の隅 仄かな愛に
視界が劣っていく


幾度の夜を明かせど
この身が擦り果てるまで懺悔を繰り返しても
許されないこのカルマ
思い出せない記憶の中で
踊り明かすこの人生に何と名付けよう?


と見世物は唄った


誰もが祈っているでしょう?
いつから僕等は神様になったつもりだよ
満ち欠けた月の奥で
僕はバケモノになってしまった
醜い姿ではお前を愛せやしないんだよ
二度と戻れないままに


生きろ


『shino - バケモノの唄 歌詞』収録の『バケモノの唄』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.02.20
  • 曲名:
    バケモノの唄
  • 歌手:
    shino
  • 作詞:
    shino
  • 作曲:
    shino
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

shino 『バケモノの唄』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE