鏡に映る私は透明だった
分かってた事でも知らないままの方が良かった


私は君を濡らすこの忌々しい雨から
君を守る為のそれだけの傘
それは自分で決めたようで運命みたいなもの
何も望んではいけない 傷付くのが怖いから


もう一度あの日に戻れたとしても
繰り返してしまうでしょう 私はきっとそう


この雨がこのままずっと降れば
願ってはいけない そんな事は分かってる だけど
君に降る雨が いつの日か上がって青空を望んだら
その時私はきっと


もっと自分の事をこんなに知らなければ
もう少し幸せな未来も望めたのかな


あの雪の日 私を閉じ空を見上げた
泣いているように見えた笑顔に私は触れられない


哀しくて美しい思い出が
走馬灯のように 希望がちらついてしまう
この醜くて本当の気持ちが強くなる前に
きっと吐き気がするほど眩しい太陽


私の気持ちは自由だと誰かが言った
そんな事ないわ 運命よりも変えられないの


この雨がこのままずっと降れば
願ってはいけない そんな事は分かっていたはず
君に降る雨が いつの日か上がって青空を望んだら
その時私はきっと


雨が静かに上がり傘立てに置かれた傘
忘れた事さえ忘れられてしまったような


『SEKAI NO OWARI umbrella 歌詞』収録の『umbrella/Dropout』ジャケット
歌手: SEKAI NO OWARI
関連作: 竜の道 二つの顔の復讐者
発売日: 2020.06.24
作詞: Fukase
作曲: Fukase・Saori
ステータス: 公式 フル

SEKAI NO OWARI『umbrella』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE