櫻坂の詩の歌詞 さくらざかのうた 櫻坂46

『櫻坂46 - 櫻坂の詩』収録の『BAN』ジャケット
  • 作詞:
    秋元康
  • 作曲:
    井上トモノリ

ステータス:

公式 フル

櫻坂46「 櫻坂の詩 」歌詞

当たり前だと思ってた普通の日々が
当たり前なんかじゃなかったなんて…
君と会えなかった今日まで
心にぽっかりと穴が空いてた


本当の寂しさって 誰もいないことじゃなく
大切な人と会えなくなること
何があったかなんて分からないけど
君ならきっと 乗り越えられるよ


Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh


満開の桜の木を 一度だって忘れたことはない
春が過ぎて花が散っても 夢は繰り返しここに咲くはず
ふと思い出すように 僕らはこの坂に集まって
君のこと語り合えば また会える気がしてくるよ


誰にも言えない悲しいことだってあっただろう
遠くから見てて心配した
僕らにできることは何もなくて
君自身が立ち上がるのを待ってた


Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh


満開の桜の木は 夏秋冬の風に吹かれ
野ざらしのその枝に何を待ち続けてたのか?
通り過ぎる人たちがあの日の花を忘れても
次の春の景色を 僕らはずっと思い浮かべてた


Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh


なぜ人は桜をこんなに愛するのか
胸が震える 懐かしさに
一つ一つの花びらが肩を組むように
桜は満開になるのさ


Wow Oh Wow Oh Oh Oh


満開の桜の木を 一度だって忘れたことはない
春が過ぎて花が散っても 夢は繰り返しここに咲くはず
ふと思い出すように 僕らはこの坂に集まって
君のこと語り合えば また会える気がしてくるよ


Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh
Wow Oh Wow Oh Oh Oh


『櫻坂46 - 櫻坂の詩 歌詞』収録の『BAN』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.04.14
  • 曲名:
    櫻坂の詩
  • 読み:
    さくらざかのうた
  • 歌手:
    櫻坂46 (さくらざかふぉーてぃーしっくす)
  • 作詞:
    秋元康
  • 作曲:
    井上トモノリ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE