三日月サンセット 歌詞 サカナクション


Mikazuki Sunset Lyrics
三日月サンセット 歌詞
歌手:サカナクション

僕はシャツの袖で流した涙を拭いたんだ 空には夕暮れの月 赤い垂れ幕の下 もどかしく生きる日々の隙間を埋めた言葉は 頼りない君が僕に見せる弱さだった

下り坂を自転車こぐ いつも空回り 東から西 果てから果てまで通り過ぎて行け

夕日赤く染め 空には鳥 あたりまえの日没の中で 君は今 背中越しに何を言おうか考えてたんだろう

僕は三日月の影を親指で隠して 渇いた目の奥の方へ 押し込んだんだ

道なり進む二人引きずって歩く長い影 空には夕暮れの月 赤い垂れ幕の下

揺れる肩が奏でるリズム 歩く人の波 嘘から悩み 次から次へと繰り返すだろう

夕日赤く染め 空には鳥 あたりまえの日没の中で 君は今 背中越しに何を言おうか考えてたんだろう

発売日:2007.05.09
作詞:山口一郎
作曲:山口一郎
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense