緑黄色社会 時のいたずら 歌詞

『緑黄色社会 - 時のいたずら』収録の『陽はまた昇るから』ジャケット
  • 発売:
    2022.04.20
  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子
シェア:

ステータス:

公式 フル

緑黄色社会「時のいたずら」歌詞

太陽と見間違えた
真っすぐなその笑顔
つられて笑う僕がいるなんて
知らなかったな


流行りは廃る
花は枯れる
全て終わってゆくのにな
どうして逆らいたいのだろう
果てる景色を愛したい


いたずらにからかわれたっていい
僕を呼ぶ声が気のせいでも歌にするよ
この声が君に届けば抱き合えるさ
歌いたい 限りのある時を
滅びの寒さを君が包む 容易く照らす
僕はただその光を絶やさぬように


歌を歌えば君が笑う
君が笑えば僕は歌う
歌を歌えば君が笑う
君が笑えば僕は嬉しくて泣いた


僕も終わり君も終わる
そこに何も残らないとしても
確かめ合えたんだ
僕がいたこと君がいたこと


いたずらにからかわれたっていい
僕を呼ぶ声が気のせいでも歌にするよ
この声が息をする理由ここにあるさ
歌いたい 限りのある時を
僕はやっと君と出会えたから逃さないよ
僕は今この光を絶やさぬように


  • 発売日:
    2022.04.20
  • 曲名:
    時のいたずら
  • 読み:
    ときのいたずら
  • 歌手:
    緑黄色社会
  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ