視線の歌詞 緑黄色社会

  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子

ステータス:

公式 フル

緑黄色社会「視線」歌詞

いつだって得意さ君を見つけること
気付けば視線が君を追って離さない


どこまで行けるか分からないけど
試したくなるのが性ってもんさ
あまりに綺麗で脆くて怖い
どうせ壊れてしまうなら


少しだけでいいから君に触れたい


絡まって解けた偶然の視線が
全ての始まりになるなんて思わない


日毎に増してく欲深さよ
どうか君だけにはばれないで


届かなくていいから君に告げたい


少しだけでいい
偶然なんかじゃなくてさ
君の瞳で僕を捉えて


目まぐるしい日常の中
そっと想い続けている
大切にしてたての気持ちでも
愛と呼ぶにはまだ早い


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.11.07
  • 曲名:
    視線
  • 歌手:
    緑黄色社会
  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE