幸せの歌詞 緑黄色社会

『緑黄色社会 - 幸せ』収録の『幸せ』ジャケット
  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子

ステータス:

公式 フル

緑黄色社会「幸せ」歌詞

少し前の私と話が出来るなら
こんな事想像していたかと
口を滑らせてしまうと思う


小股で歩くその姿を
もうずっと後ろから見ていたから
歩幅は違えど同じ速度で歩くのが
可笑しくて 可笑しくて
幸せがこぼれそう


あなたが好むもの
あなたが嫌うもの
初めはこんなに知らなかった
案外わがままなあなただった


それでも繋ぐこの右手は
ただぎゅっと力を込め握っても
隙間ができる程勝てやしない大きさで
愛しくて 愛しくて
幸せを噛み締めてる


2人で開けた重たいドアから
差し込んだ白い光がずっと永く伸びて
足元を照らし続けてくれる
私たち 大丈夫だね
本当にそう思ったの


あなたが笑うその姿を
もうずっと隣で見たかったの
これから先も見ていたいの
もう離さないから離さないでね


小股で歩くその姿を
もうずっと後ろから見ていたから
歩幅は違えど同じ速度で歩くのが
可笑しくて可笑しくて
私 幸せだよ


少し前の私と話が出来るなら
必ずその手を離さないでと
口を滑らせてしまうと思う


『緑黄色社会 - 幸せ 歌詞』収録の『幸せ』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2019.05.29
  • 曲名:
    幸せ
  • 歌手:
    緑黄色社会
  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE