冬の朝の歌詞 緑黄色社会

『緑黄色社会 - 冬の朝』収録の『SINGALONG』ジャケット
  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子

ステータス:

公式 フル

緑黄色社会「冬の朝」歌詞

冬の朝は少し大人になれた気がしていた
張り詰めた空気は私を勘違いさせる
寂しくないなんて小さな嘘をついてしまう
1人で大丈夫だと平気なフリがしたい


慣れたはずのこの部屋も
まだまだ私のものじゃない
遠く離れたあの部屋が
今日はなんだか恋しいよ


みんな形を変えていくんだ
酸いも甘いも噛み分けてさ
見えないところではもがいてる
誰も彼もが同じように
弱虫な私も強くなれる


静かに日が射した 重たいカーテンを開けよう
かじかむ指先を余った袖に忍ばせて
浮かべた顔、景色 比べてはため息をついた
それでも大丈夫だと強がってみたりした


白んだ空がもの言いたげに
ぬくもりを奪い去っていく
そろそろいいかな
浮かんでた名前に愚痴をこぼしても


1人のようで1人じゃないな
吐けば吐くほど泣けてくるけど
溜め込んだ不安がほぐれてく
これまでのことが嘘のように
寂しさも私を強くさせる


冬の朝は少し大人になれた気がしていた
たまには素直になって甘いココアでも飲もう


『緑黄色社会 - 冬の朝 歌詞』収録の『SINGALONG』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.09.30
  • 曲名:
    冬の朝
  • 歌手:
    緑黄色社会
  • 作詞:
    長屋晴子
  • 作曲:
    長屋晴子
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE