ブレス 歌詞緑黄色社会

『緑黄色社会 - ブレス』収録の『ブレス』ジャケット
発売:
2022.07.04
作詞:
長屋晴子
作曲:
peppe

緑黄色社会「ブレス」歌詞

味なんかないよ 吸い込んだとして
されど吸い込め
なくならないよ 吐き出したとこで
されど吐き出せ


種をまいて芽吹いたグリーン
不器用に揺れてきれいだ
風以外に左右されながら
足を遠く伸ばした


これじゃ僕ら人のようだな
いつになく心に従って
諦めたい夢なんかなくて
手に触れて確かめたい
生きてる と 生きてく
その間には何があるんだろう


「それじゃまたね」声交わして
冷めきった夜の静寂に
ダサい部屋着 気にもならない
動かない頬が重たい


伸びた背が邪魔になる
視界はひどくまぶしい
折りたたんでしまえばいいのに
息を吸い込んで吐いた


逆らおうとも人のようだな
閉じ込めた涙さえ熱い
花の色は誰も知らない
いつか見るそのときを待っていて


歳をとっても人になれず
無表情な日々を過ごした
泣きもしない心を撫でて
花咲かす水を撒け


これじゃ僕ら人のようだな
いつになく心がやさしい
諦めたい夢なんかなくて
意気込んだのはブレス
生きてる と 生きてく
その間には何があるんだろう


緑黄色社会『ブレス』の 詳細

『緑黄色社会 - ブレス 歌詞』収録の『ブレス』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.07.04
購入:
曲名:
ブレス
歌手:
緑黄色社会
作詞:
長屋晴子
作曲:
peppe
ステータス:

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

緑黄色社会 ブレス 歌詞