ふしん

腐心 歌詞るぅと

『るぅと - 腐心』収録の『僕は雨に濡れた』ジャケット
  • 作詞:
    るぅと・TOKU
  • 作曲:
    るぅと・松
シェア:

ステータス:

公式 フル

るぅと「腐心」歌詞

晴れぬ雲が胸を翳らせたままで
目を背けることに二人慣れてしまった
口に出すことさえ憚られる感情の名前と
向き合えるでしょうか


成り行きで転がり込んだ手狭に感じるワンルーム
二人過ごすには窮屈すぎるもので
水槽の中溺れるような
酩酊に君の吐いた息を吸い生きている


手足から果ては脳さえも君に雁字搦め
腐る心 気付かないふり
「明日一人になったら」なんて冗談さえ
笑えないこと
何と呼ぼう


癒えぬ傷を胸で燻らせたままで
言えぬことを重ね二人溺れてゆく
不条理さえ『カナし』などと嘯いたはずなのに
宿酔に似る


真綿で首絞め合って
終いになってしまおう
この身全部骨ごと
飲み干してしまおう


退屈な街の方へと


手足から果ては脳さえも君に雁字搦め
腐る心 気付かないふり
死にゆく関係を美しいと思うなら
この言葉が相応しい
“頽落”と


手足から果ては脳さえも君に雁字搦め
腐る心 気付かないふり
過ちと同じ数抱えた痛みさえ
嫌えないから
愛と呼ぼう


『るぅと - 腐心 歌詞』収録の『僕は雨に濡れた』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.08.17
  • 曲名:
    腐心
  • 読み:
    ふしん
  • 歌手:
    るぅと
  • 作詞:
    るぅと・TOKU
  • 作曲:
    るぅと・松
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

るぅと 『腐心』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE