リア 歌詞りぶ

『りぶ - リア』収録の『Ribing fossil』ジャケット
発売:
2019.09.18
作詞:
Eve
作曲:
Eve

りぶ「リア」歌詞

10年ちょっとの思い出 少年なら大人になって
好きなものなんて 変わり果ててしまったんだ


ああしょうがない 才能あったって足りないって
もどかしい心 嫌いだ


懐かしいサリシ日々の思い出 心変わりじゃ満たされないね
新時代の幕だけ開いて その席だけはずっと虚(から)になっているんだ


今も胸のどこかで帰りを待ってるわ


夢をまた見させてくれるなら
もう一度 その歌声を
この心臓 めがけて飛び込んでいってくれ
まだ覚めないまま


それでも貴方はふわりと消えて
どこまでも行くと きっと答えを待っても
忘れてしまわぬようにと ここを出よう


人の成りして歩んで来た
殴り書きした 文字は色褪せぬまま
おさがりの会話で着飾っては
君の望む君になんてなれなかったわ


泣いて 情けない姿を晒して
立派な大人になんて
なれなくてごめんなさいね


格好悪いね 待って
神に見放されては
今日も祈ってるわ


優しさの隣に君が居たからまた笑ってみせた
本当はただ どうしようもない人生 抗えないまま


わかりあいたいのに傷つけあって 独りになるのなら
ずっと黙って待っていよう
せめて人らしく泣いていよう
からっぽなまま


貴方の眼差しに踵を返す
臆病者だけど 最低な日々すら僕は肯定したくて
取り戻したいから


夢をまた見させてくれるなら
もう一度 その歌声を
この心臓 めがけて飛び込んでいってくれ
まだ覚めないまま


それでも貴方はふわりと消えて
どこまでも行くと きっと答えを待っても
忘れてしまわぬようにと ここを出よう


りぶ『リア』の 詳細

『りぶ - リア 歌詞』収録の『Ribing fossil』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2019.09.18
曲名:
リア
歌手:
りぶ
作詞:
Eve
作曲:
Eve
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

りぶ『リア』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

りぶ リア 歌詞