よみ:
ほたるがり

蛍狩り 歌詞リーガルリリー

『リーガルリリー - 蛍狩り』収録の『蛍狩り』ジャケット
発売:
2022.06.15
作詞:
たかはしほのか
作曲:
たかはしほのか

リーガルリリー「蛍狩り」歌詞

もがり笛が聞こえた午前0時。
こわくないよ、こわくないよ、こわくないよ。って言った。
朝起きて、ぼくの顔思い出せなくて、紙切れに、震えを刻んだ。
さようなら、さようなら、さようなら、さようなら。


処刑台に浮かんだ蛍。
あした死んでしまうぼくはその緑に溶けてしまいそうだ。
川が近いのか。幻なのか。蛍の踊りがぼくを誘った。
汚れた布切れを身に纏ってから、もう18年ものあいだ息をしているぼくは、
裸の姿のまま美しく揺れて、数日間息をしたきみを。
この薄汚れたぼくの両手で捕まえて、柔らかく握ってみせた。
ぼくは明日の夜ここで死んでいるらしいし、
きみも輝きをなくして、朽ち果てた杯の姿になっているんだろうな。
ぼくは家畜の肥料にでもなるだろう。
きみは大地の養分にでもなるんだ。


輝きを放て。輝きを放て。裸になった人間は唄うことができるんだ。
輝きを放て。輝きを放て。裸になった人間は笑うことができるんだ。


ぼくは死ぬことが怖くなってしまった。せめて大人になりたかったんだ。
薄汚れた布切れにも放つ光はあるのか。光はなくとも、輝きはあるのか。
きみみたいな終わり方をしたい。
夜が明けて、きみの光が見えなくなったとき、
次はぼくの番だ。


輝きを放て。


リーガルリリー『蛍狩り』の 詳細

『リーガルリリー - 蛍狩り』収録の『蛍狩り』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.06.15
購入:
曲名:
蛍狩り
よみ:
ほたるがり
歌手:
リーガルリリー
作詞:
たかはしほのか
作曲:
たかはしほのか
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

リーガルリリー 蛍狩り 歌詞