Ray lull~そして僕らは~ 歌詞 アニメ「凪のあすから」OP 1

  • 発売:
    2013.10.30
  • 作詞:
    川田まみ (Mami Kawada)
  • 作曲:
    中沢伴行
シェア:

ステータス:

公式 フル

Ray「lull~そして僕らは~」歌詞

肩をさらった 淡い潮風
駆ける 小さな背中を
僕は黙って ただ見つめてた
踏み出せない 狭間で


柔らかい日差し包む教室には
飾った写真達が 笑ったまま


止めどない明日に変わらない僕たちを
凪ぐ水面の先 どこまでも映して
このままでいい
その瞳に揺れてた儚い想いも
そっとしまって・・・


波が打ち寄せ 引いてゆく
心 距離はかるみたい
君の気持ちが知りたいけれど
触れた手を 払った


昇ってく水の泡 弾けそうな
危うい時が刻む 互いの夢


止めどない明日に変われない僕たちは
凪ぐ水面の上 漂う蜃気楼
守りたいだけで・・・
そう言いかけてつまる言葉が
届かない 夕暮れの海


この坂道登れば広がる
何気ない日々が また違って
水鏡照らす 光跳ねて
今が特別に感じた


止めどない明日に変わらない僕たちを
凪ぐ水面の先 どこまでも映して
またその場所で
輝く笑顔見続けたいよ
必ず 約束しよう


シェアしよう!
  • 発売日:
    2013.10.30
  • 曲名:
    lull~そして僕らは~
  • 読み:
    ラル そしてぼくらは
  • 歌手:
    Ray
  • 関連作:
    凪のあすから
  • 作詞:
    川田まみ (Mami Kawada)
  • 作曲:
    中沢伴行
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Ray 『lull~そして僕らは~』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ