ブリキの歌詞 RADWIMPS

『RADWIMPS - ブリキ』収録の『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』ジャケット
  • 作詞:
    野田洋次郎
  • 作曲:
    野田洋次郎

ステータス:

公式 フル

RADWIMPS「ブリキ」歌詞

もう少ししたらね もしかしたらね
「全てが幻だったのかもね」 なんて笑える日が来るからね
そのままで その日まで
したらまたね 君の力で運命を決める日が来るからね
すべてその手 己のせい
笑うのも痛むのも またね


君の匂いが少しだけしたんだ
それは気のせいと紙一重の差だった
だけど今になって思えば全部 できそこないの僕の脳の仕業


何かに理由つけては そう何かを思い出しては
君の記憶に向かってく
少しでも目を離したら主人のもとへ駆ける犬のように
僕の中かきまわしてる
そこには居ないんだ ごめんね


もう少ししたらね もしかしたらね
「全てが幻だったのかもね」なんて笑える日が来るからね
そのままで その日まで
したらまたね 君の力で運命を決める日が来るからね
すべてその手 己のせいで
笑うのも痛むのも またね


君がいなくたって仕方なしに 始まらざるを得ない今日も空も
頑張ってはいるけども まるで違う父のよう母のようでいたいよ


おろしたてのあの靴も 覚えたてのあの曲も
今もちゃんと前の明日を
ぎこちなくでも行儀よく1mmも動くことなく
この場所でしゃんと待ってるよ
この一言のために 「おかえり」


ひとつひとつと思い出が降ってく
割れないようにどれも手を伸ばしてく
手に落ちるたびに焼けそうに痛むけど
これが僕らがこれから育てるはずだった 思い出の身代わりなの


今は悲しければ悲しいほど 苦しければ苦しいほど
僕が僕でちゃんといられる
まだこの世界のルールには 乗れないよこの僕には
誰のどんな言葉でさえ 届かない場所で 歌うよ


もう少ししたらね もしかしたらね
「全てが幻だったのかもね」なんて笑える日が来るからね
そのままで その日まで
したらまたね 君の力で運命を決める日が来るからね
すべてその手 己のせいで
笑うのも痛むのも またね


またね


またね


『RADWIMPS - ブリキ 歌詞』収録の『2+0+2+1+3+1+1= 10 years 10 songs』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.03.11
  • 曲名:
    ブリキ
  • 歌手:
    RADWIMPS
  • 作詞:
    野田洋次郎
  • 作曲:
    野田洋次郎
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

RADWIMPS「Buriki」English Translation (Official)

In a little while, maybe just maybe
The day will come when we could laugh that it’s all in our heads
So stay that way until that day
You can then decide again how you want your fate to be
It’s in your hands, it’s you who choose
Whether to smile or feel the pain, so until then


I thought it was your scent
Slight but in my head it seemed so real
But now I know it was all my defect brain’s doing


I’m trying to find every reason to go down that lane
This leads me to your memory
Like a dog that runs straight back to his master
It’s moving me inside
But you’re not here, I’m sorry


In a little while, maybe just maybe
The day will come when we could laugh that it’s all in our heads
So stay that way until that day
You can then decide again how you want your fate to be
It’s in your hands, it’s you who choose
Whether to smile or feel the pain, so until then


Without you, the day/the sky had no choice but to start like any other day
But I wish I were like the parents who can never start their day again


New pair of shoes, a new song I learned to sing
Waiting for a new day tomorrow
Awkwardly obediently lined up
Not an inch away from that day you left
Waiting to say “You’re back”


One by one, memories come falling down
I reach out my hand trying not to break
Feeling the burning pain as they fall in my palm
Making up for memories we could’ve made together


The sadder I am, the harder it gets
The more I become myself
I still can’t follow the rules of this world
I’ll go somewhere where no one’s voice can be heard and sing


In a little while, maybe just maybe
The day will come when we could laugh that it’s all in our heads
So stay that way until that day
You can then decide again how you want your fate to be
It’s in your hands, it’s you who choose
Whether to smile or feel the pain, so until then


so until then


so until then


RADWIMPS 『ブリキ』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE