ポルカドットスティングレイ「FICTION」歌詞

凍えそうさ君の瞳で
痛いくらい風を切るのさ
どうしようもなくフレア散らして
It is FICTION that sounds like nonfiction


どうしようもなく
日々は刹那
奇跡ならば
私を見ていた


「つまらないのは世界か?お前自身か?」


夢の中、なんて自覚もできないまま
夢を見るのさ


凍えそうさ君の瞳で
痛いくらい風を切るのさ
どうしようもなくフレア散らして
It is FICTION that sounds like nonfiction


いつにしようか
日々は刹那
予定調和を
君が壊す


「長い長い待ち時間は退屈じゃない?」


美しくてモノクロだと気付いていないこともあるのさ


燃えるようさ君と二人
この景色を表す言葉を
今はまだ知らない
そうでしょう?
It is FICTION that sounds like nonfiction


どうしようもなく
日々は刹那
奇跡ならば
私を見ていた


「つまらないのは世界か?お前自身か?」


夢の中、なんて自覚もできないまま
いつしか情熱の色


凍えそうさ君の瞳で
痛いくらい風を切るのさ
どうしようもなくフレア散らして
It is FICTION that sounds like…


発売日: 2020.12.16
曲名: FICTION
読み: フィクション
歌手: ポルカドットスティングレイ
作詞:
作曲:
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

ポルカドットスティングレイ『FICTION』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE